山口孝志に憧れる人は今も昔も多い!

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬剤師の山口孝志が調剤について紹介する 他薬事衛生

<<   作成日時 : 2013/01/11 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



こんにちは、山口孝志です。

今回は、調剤について紹介します。

薬剤師の代表的業務 調剤業務
薬剤師の最も代表的な業務は調剤です。

「調剤」は、簡単に言えば「医師や歯科医師などの”処方せん”に基づいて、処方された薬を処方された分量計って、患者さんの病気を治療する薬剤を調整すること」です。

しかし、現在では、医師の処方せんどおりに薬を正確かつ迅速に調製するだけでは十分とはいえません。

薬の有効性、安全性を確保して適正な使用を推進するために、処方された薬に関する副作用や併用している薬との相互作用などについて、患者さんの体質やアレルギー歴、これまでの服薬状況などをまとめた記録と照合したり、患者さんとの対話で疑問点があれば処方せんを出した医師に照会したうえで調剤することが必要となっています。

調剤した薬はそのままでは単なる物です。

物が薬として適切に服用されるためには、個々の患者さんに合わせた服薬指導を行わなければなりません。

処方せんを出した医師にも必要な情報を提供することが求められるようになってきております。

こうした業務を行うに当たって、薬に関する最新情報の収集と整理も重要な業務となっています。

以上、山口孝志でした。

次回は、続きを紹介したいと思います。


[関連記事]
01/10のツイートまとめ

[旬のワード]
東海道線 コクリコ坂から チョッパー豆腐 大野豊 金沢達也 外木場義郎 河西智美 野球殿堂 東京オートサロン 大堀恵

[PR]
学校ネットいじめ監視・通報対策│SchoolDifencer

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
薬剤師の山口孝志が調剤について紹介する 他薬事衛生 山口孝志に憧れる人は今も昔も多い!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる