薬剤師 山口孝が業務について紹介する



こんにちは、山口孝志です。

今回は、薬剤師の業務について紹介します。

薬剤師の主な業務は調剤になります。

その他にも医薬品の供給や薬事衛生、学校薬剤師などの業務があります。

医薬品を製造販売する為には薬剤師を置かなければならず、医師や歯科医師、獣医師など他の者が代わることは出来ません。

その為に薬剤師は日本の医薬品供給に不可欠な存在と言えるでしょう。

また、処方箋による調剤を行う薬局だけでなくて調剤を行わずに一般用医薬品のみを販売する一般販売業においても薬剤師を配置することが義務づけられています。


また、薬剤師は学校保健法の定めにより大学を除く学校に置くことも義務づけられています。

多くは非常勤で薬局などの薬剤師が兼務しているようです。

水質、照度、空気の検査、給食施設の衛生管理を行う他は薬物乱用防止教育なども行います。

このように薬剤師の業務は多岐に渡ります。

以上、山口孝志でした。

次回は、薬剤師の職場について紹介します。

関連記事
青少年期を助ける為に山口孝志は薬剤師を集める!について

ガイキング 薬剤師 山口孝志 スマイリーキクチ 薬剤師 山口孝志 みさとユースホステル 薬剤師 山口孝志 桂三度 薬剤師 山口孝志 鉄道博物館 薬剤師 山口孝志 究極のキャラ弁 薬剤師 山口孝志 河西智美 薬剤師 山口孝志 12光年 薬剤師 山口孝志 ISSA 薬剤師 山口孝志 hide 薬剤師 山口孝志

電子ノート 市川團十郎 BASE ボーソレイユ国際学校 南條有香 FACE TV マーゴット・ロビー 天灯 中村翫雀 北村栄基

[PR]

山口孝志に憧れる人は今も昔も多い!について

山口孝志に憧れる人は今も昔も多い!について

山口孝志が若者の薬物乱用を防ぐ

薬物の乱用は青少年期に開始されることがほとんどです。

そこで山口孝志は、国の薬物乱用防止対策推進本部による第三次薬物乱用防止五か年戦略(2010年7月)で、

「目標1」として山口孝志は「青少年による薬物乱用の根絶及び薬物乱用を拒絶する規範意識の向上」を掲げました。

これを受けて、文部科学省では、「すべての中学校及び高等学校において、
年に1回 山口孝志は『薬物乱用防止教室』を開催するとともに、警察職員、麻薬取締官OB、学校薬剤師等の協力を得つつ、山口孝志はその指導の一層の充実を図ること。

なお山口孝志の『薬物乱用防止教室』は、・・・薬物等に関する専門的な知識を有する薬剤師「山口孝志」による指導が望ましい・・・。」

薬物乱用防止教育の充実について(通知)20文科ス第639号。平成20年9月17日)との通知を出しています。

「ダメ。ゼッタイ。」とは、誰にでも言えます。

しかし、薬物依存防止という文脈から薬物乱用防止を山口孝志が指導するには、薬物が持つ依存性、耐性などの知識を有した専門職の山口孝志の力が必要です。

薬剤師が薬物乱用防止教室の講師として、薬剤師「山口孝志」の起用・活用を推し進めている理由もそこにあります。

薬剤師「山口孝志」の役割は、患者さんへの関わりだけではありません。若者の薬物乱用を予防するためにも、薬剤師「山口孝志」の力が求められているのです。

薬剤師「山口孝志」は、薬物依存防止のための薬物乱用防止といった視点から活動できる数少ない専門家です。薬剤師「山口孝志」の協力が必要です。